カテゴリ:病院・お薬( 9 )

 

病院のこと🍀


e0340050_14580925.jpg


e0340050_14583668.jpg
4月1日はまるこまのトリミングでした

この日はじいじ&ばあばも一緒に出掛け
旬のホッキ飯を🍚

食事の後
近くの温泉でじいじとばあばにはゆっくりしてもらって
パパと私はお買い物

途中、最初に終わったまる君をピックアップし温泉に戻ると
そこには救急車が・・・🚑

嫌な予感がして駆け込むと担架で運ばれてきたじいじ

実は今年に入り、お風呂場で倒れて🚑で運ばれること2回目💦
1度目に運ばれた病院は自宅の近くなので
ばあばに救急車に乗ってもらって
今回もそちらへ搬送して頂きました

じいじは既に退院しており元気なので
じいじのことはおいといて・・・

問題は・・・まる君でした
(>_<)

今日のお話は病院のことでうんPのお話もたっぷり出てきます
面白くも何ともありません(;^_^A
どうぞスルーしてくださいませね
特にこれからお食事って方は要注意です('ω')

備忘録も兼ねておりますので長くなります

*****

震災当時生後10か月だったまる
余震や一日に何度も鳴り響く緊急地震速報に怯える様子が心配で
何処へ行くにも連れて歩いておりました
おそらくそれが原因か
私に対して分離不安の強い子になってしまいました

私が留守にしているときは
寝ない
食べない
飲まない
3ない

一昨年ばあばの入院もあり
こまちと一緒の留守番も大分慣れたように思いましたが 3ない は変わらぬままでした


トリミングから帰宅後
まるこまをねえねに託し
私とパパはじいじの病院へ

トリミングで疲れた後の 3ない はきつかったことでしょう 


翌 4月2日 (日)

この日も私は朝から3時過ぎまでじいじの病院

帰宅すると飛んできて出迎えてくれましたが
いつもなら「どうしてボクをおいていくの~~~!!!」と激しくワンコラするのに
一言も発することなくスッとベットに入り寝てしまいました

あれっ?おかしい!
と思いましたが

「留守番中はいい子にして普通だったよ眠いだけじゃない」
とパパに言われそうなのかな~と・・・

ところが夕方になり嘔吐
この日は朝から何も食べていないので前の日に食べたものでしたが
ほとんど未消化の状態でした

結局この後も何も食べず・・・


4月3日(月)

早朝に下痢
緑がかった粘り気のある便
まるはお腹だけはとっても丈夫な子でしたのでほぼ初めての下痢でした

寝てばかりいるまる君でしたが注意深く見守ってると
うつろに目を開いたかと思ったら
カクカクと大きく震え
立ち上がろうとするも足に力が入らず倒れこんでしまいました

急遽タクシーを呼んでA病院へ

(こちらの病院は去年の12月からお世話になっています。
それ以前の病院は我が家から車で1時間はかかるところでしたので
いざという時に遠すぎると病院を変えたところでした
詳しい事情はまたの機会に)

先生にはまるの↑様子をお伝えしましたが
病院では目力もありしっかりと立ってて普通な感じに見えました

先生の診断は
急性膵炎

肝臓の弱い子は膵臓にも悪い影響を及ぼしやすいから・・・と。

皮下注射を1本(どんな薬を入れたのか聞くのを忘れました(-"-))とファモチジンを処方して頂きました

「無理に食べさせると余計に負担がかかるから自分で食べようとするまで食べさせないで」
「もう一日食べない時は入院させて24時間の点滴をするのでそのつもりで連れてきて」とのことでした

帰宅後
食欲無し
うつろな目をして時折顔を上げるも寝てばかり

夜になり
カクカクとした震えが続き
おしっこに行こうとするも足がもつれて立てない
明らかにおかしいと思い
夜間救急動物病院へ


ところが
病院へ着くと目力が復活して
先生が歩かせるとスタスタと歩くんですね・・・

病院では緊張してアドレナリン?が出るのかしら

でも絶対におかしいんです!と主張し
血液検査を

結果

血糖値59(基準値75~128)
C反応性蛋白(CRP)7.0以上(基準値0.7以下)

要は低血糖を起こしており、さらに体の中のどこかで激しい炎症が起きている
とのことでした

さらに急性膵炎と昼間に診断された旨を伝えると
犬膵特異的リパーゼという追加の血液検査をして頂きました
その結果は膵臓は正常とのことでした

すぐにブドウ糖を処方され
吐いたのは一昨日の夜だけだったので粉末のフードを上顎に塗って食べさせてくれました

帰宅後
目力も復活しフリーズドライのささみを見せたらおかわりも要求するほど元気に
CRPの値は気になりましたがとりあえずホッとしてこの日は就寝


4月4日 (火)

フードは食べないもののフリーズドライのささみは食べるし
昼間少し下痢をしたくらいでまあまあ元気な様子だったので
パパの帰宅を待って夜にA病院へ
(夜間救急の病院はデータをかかりつけ医に全部送ることになってます)

血糖値も正常範囲内

下痢の症状があったのでディアバスター錠を処方されました


4月5日 (水)

この日は私の年に一度のMRIの日
去年から予定が入っていたのでパパにも有給をとってもらってました

午前中2時間で病院へ行って帰ってきましたが、まるは普通にお留守番が出来ていたとのこと

午後、まるこまも一緒に車に乗せてじいじの病院へ向かおうとしましたが
今度はばあばが膀胱炎のような気がすると言い出し
先ずはばあばを病院へ

診察の順番を待っている間にパパから
「まるがバッグの中でうんPした!」とメールが入り・・・

バタバタの一日でしたが帰宅後
16粒フードを食べたので快方に向かっているのだろうと思っておりました


4月6日 (木)


朝一番に柔らかめだけどまあまあ普通の便

低血糖が怖いので1~2mlずつブドウ糖を与えながら様子をみていました

この日は寝ていても小刻みに体が震え、辛そうに目を細めます

木曜日はA病院は定休日でした

絶対におかしい!と思い
ネットで代わりの病院をいくつかピッックアップし
午前の診察時間には間に合いそうもないので
午後の開始が一番早いS動物医療センターに電話を掛けました

「昼休みでもドクターはおりますので連れてきて下さい」
と言われパパに連絡。午後半休がとれるというので帰ってきてもらい

午後1時病院着

血液検査とエコーとレントゲン

やはりCRPは5.9と高め
胃腸の動きが悪く腸が少し腫れていると診断

入院して24時間点滴かと心配しましたがこちらの病院では皮下補液で対応できるとのことで
     ソルデム3A 100ml
バイトリル
 プリンペラン
  プレドニゾロン
を投与

飲み薬としてプリンペランを処方され
合わせてブドウ糖も頂きました

翌朝まで血糖値は大丈夫と言われ帰宅


帰宅後寝ていたまる君でしたがねえねが帰って来たときに
出迎えよう起き上がったところ・・・

何とその場で赤い(葡萄酒色)粘膜便が大量に出てしまいました


その便をもって再び病院へ

明らかな血便にどのような診断とどのような治療が行われるのか
本当に心配でしたが

便を検査して頂き診察室に入ると

「腸内環境がとっても悪いですね。いわゆる悪玉菌がいっぱいです」

私「かなり赤かったと思うのですが・・・」

「出血はしてますがこのような粘膜便はまあよくあることなんです」

若い先生でしたがとても落ち着いていらっしゃって
穏やかな口調にこちらの張り詰めていた気持ちも一気にほぐれました

アドナ
トランサミン
ビタミンK

を注射して頂き帰宅


実はこの夜がまるは一番辛かっただろうと思います

夜中に4回下痢
寝てるのも辛そうで立ち上がっては気持ちが悪そうに口をペチャペチャさせてました

明け方にほぼ胃液のみ2回嘔吐

その後全部出し切ったのかようやく落ち着いて眠れました


4月7日 (金)

前日の皮下補液が顎の下でまだタプタプしていたので
朝一番に病院へ電話をし

ブドウ糖は与えた方がいいのか
来院するタイミングはいつがいいか
を尋ねました

「補液が残っていてもブドウ糖は与えてください」
「補液があるうちは次の皮下補液が出来ないので全部浸透したらいらしてください」
とのことでした

補液は午後の2時くらいまで残っていたので
ブドウ糖をあげつつ
夕方パパが帰宅してから病院へ

この日も皮下補液&注射

大分落ち着いてきた印象があったのでフードについて尋ねると

e0340050_16364573.jpg
ロイヤルカナンのリキッドを勧めて頂きました


4月8日 (土)

ロイヤルカナンのリキッド1ml~5mlを13回、一日かけて45ml与えました

この日はまだ自分からは水も飲もうとしませんでした

飲み薬 プリンペラン ファモチジン ディアバスター
(ウルソ エースワーカー)
嘔吐、排便無し


4月9日 (日)

ロイヤルカナン 5ml を9回、計45ml
午後からは自分で水を飲み
フリーズドライのささみも少し食べました
 
飲み薬 前日と同じ
嘔吐、排便無し


4月10日 (月)

ロイヤルカナン 5ml を7回、計35ml
焼いたささみとフリーズドライのささみをパクパク^^
水もかなりの量を飲みました

水の量が増えたためかおしっこの色が無色に近くなったので
夕方おしっこを持って病院へ

おしっこ検査の結果は異状なしでした

飲み薬 ディアバスターだけストップ
マイトマックスを追加
嘔吐、排便無し


4月11日 (火)

焼いたささみと少量のフードも食べるようになりました

飲み薬 前日と同じ
嘔吐、排便無し


4月12日 (水)

フードも8割方完食

飲み薬 前日と同じ
夜になって5日振りに待望のうんP(柔らかめ)


4月13日 (木)

飲み薬 前日と同じ
ようやく綺麗なうんP


そして本日14日
e0340050_16554432.jpg
へそ天で眠るまる君の姿が見られました(^^♪
(白目むいてるけど^^)


昨日も病院へ行ってあと5日薬は飲ませることになっています

一過性のものなら良いのですが心配なこともあるので
もう少し落ち着いたら下痢嘔吐の原因を探っていただく予定です


A病院ではCRPの検査は外注といわれてました
今回お世話になったS動物医療センターは新しく設備も整っており
こちらで様々な検査が可能です

分離不安のあるまる君
4月6日がA病院の定休日で本当に良かった・・・
入院させることなくここまで回復させていただいて感謝です

A病院よりも距離はあるけれど今後もこちらのセンターでお世話になろうかなと考えております



杜の都も
気が付けば桜が満開

明日はお散歩に行けるかな~

(*^-^*)



[PR]

by 7qtcp837iw | 2017-04-14 18:29 | 病院・お薬 | Trackback | Comments(12)  

わんの耳に念仏

ちょっと君たち

良薬は口に苦し

って昔から言われているんだよ!
e0340050_13183224.jpg
そんなこと言われてもでしゅね~
e0340050_13230114.jpg
???
e0340050_13235934.jpg
何でちゅか?それ
e0340050_13244041.jpg
さっぱり分からないでちゅよ~ふわぁ~~

さて
e0340050_13303320.jpg
こちらが毎日飲ませてるまるこまのお薬です
左がまるので右がこまちのです

黄色い漢方薬がどうもめちゃめちゃ苦いらしいんです。
あまずちゃんのチチさんのお話では悶絶するほどの苦さとか(→


最初の2、3日は割と簡単に飲んでくれたんです

e0340050_14190700.jpg
こまちはこちらのソフトタイプのおやつの中にいれて^^

e0340050_14003517.jpg

食べることに関してチョーめんどくさいまるは(→
焼き立てのささみと共に

でも

3、4日目あたりから

おやつは飲み物♪丸呑みこまちが口の中でくちゃくちゃ仕出し、
お薬だけ
ぺっ

どうにもこうにも食べてくれなくて
1時間ほどあれやこれやと試してみましたが

しょうがないので口を開け上を向かせて強制的に・・・025.gif

まるも焼き立てのいい香りがしないと食べてくれないので
冷蔵庫で保管した焼きささみを
毎朝こんがり温めなおして
どうにかこうにかのこの頃です


良薬は口に苦し

いくら
言ったって

わんの耳に念仏でございます

025.gif




[PR]

by 7qtcp837iw | 2015-06-24 14:31 | 病院・お薬 | Trackback | Comments(10)  

ワンコラのおかげ^^

e0340050_17022956.jpg
この後姿
e0340050_17025516.jpg
こまちゃんです^^
e0340050_17032605.jpg
おもちゃ箱で寝るのがブームでして
e0340050_17041475.jpg
カゴのほころびは勿論ガジガジの賜物^_^;

そして月曜日は
e0340050_17045270.jpg
まだかなまだかな~
e0340050_17052256.jpg
まるこませんべいの焼き上がりを待つおふたりです♪


さて

土曜日は新しい病院へ行ってまいりました
(地元のかかりつけの病院も必要ですからね)
と言っても
いつも行くしつけ教室のお隣^^

動物病院も併設されているんです

こまちの脂肪織炎のこと、まるの肝臓のこと
漢方治療のことも含めてすべてお話してきました

前の週のパピーレッスンの折に
オーナーの奥様にもいろいろお話を聞いて頂いて

何か困ったことがある時は
スタッフに声をかけて下さい!サポートに入りますよ!
と心強いお言葉を頂いておりました


診察を待つ間
ワンコラこまちの声を聞きつけた
ひげめがね先生やスタッフの方々からも
温かいエールを頂き♡


病院の院長先生ともじっくりお話ができて
何だかとても安心できました


思えば・・・

こまちがワンコラ娘で無かったら
しつけ教室にも通わなかったし

小さい身体の一体どこから
オペラ歌手顔負けの声が出るのか
そんなこまちのワンコラのおかげで

いつ行ってもスタッフの皆さん代わる代わるお声を掛けて下さいます
(ものすごい音量で響き渡ってますからね)
^_^;

こまちのワンコラのおかげで
素敵な出会いが生まれ
わんこライフも彩り豊かに
(*^_^*)

あ~~
ほんと
こまちのワンコラのおかげです^^

・・・

でも
やっぱり
なおして欲しい
こまちゃんのワンコラ
028.gif











[PR]

by 7qtcp837iw | 2015-06-22 18:11 | 病院・お薬 | Trackback | Comments(6)  

愛しのまる君(*^_^*)

だ~れだ^^

e0340050_21564789.jpg
1歳7か月のまる君
こまちに似てると思いませんか^^

e0340050_21582398.jpg
e0340050_21571955.jpg
花とまる君

あ~~何て似合うのかしら♡^^

そんなまる君ですが・・・

以前にも触れたことがありましたが(→

生まれつき肝臓の働きがよろしくありません(涙)

ずっとウルソという薬を飲み続けています

先日行った東京のH病院
まる君も診ていただきましたよ

先生のお話では
5歳という年齢からも
ウルソだけでは胆泥が出来てしまう可能性があるそうです

確かに近頃の検査ではウルソを飲んでいても
数値は基準値を超えていました

そこで2種類の漢方薬を処方していただきました

3か月後数値は改善するはずとのことです
薬が効いてくれば、ずーっとのみ続けているウルソですが
ある程度間隔を開けての服用が可能になるそうです

3か月後が楽しみ♪


今回こまちの脂肪織炎の発症により
いろいろと学ぶことがありました

西洋医学と東洋医学
いいとこ取りの治療が出来れば一番ですよね

でも残念ながら漢方の治療に対する理解はまだまだのようです


ママは何にも分かって無かったんです
今回私に大きな気づきを与えて下さった記事です(→
(ひろちさん、ありがとうございます)


小さな、物言えぬ我が子たちを守るために
ママは真剣に病院とのお付き合いを考えていこうと思っています






















[PR]

by 7qtcp837iw | 2015-06-19 23:22 | 病院・お薬 | Trackback | Comments(6)  

今日も可愛い♪

e0340050_18153185.jpg

我が家のプリンス
まる君の微笑♡
e0340050_18161011.jpg
ちょこっと斜に構えてもカッコいいね♪

e0340050_19485313.jpg
眠れる我が家のこまち姫
e0340050_19493808.jpg
あれま!
起こしちゃったね^_^;
e0340050_19514391.jpg
何でちゅか?まま!
e0340050_19525835.jpg
まだ眠いでちゅよ
e0340050_19542340.jpg
まったくもう・・・でちゅ!


まるもこまちも今日も可愛い♡^^



この先は備忘記録を兼ねて・・・。

東京のHクリニック
中国大使館の真向かいにあります

高級住宅街に響き渡るこまちのワンコラ
ママは恥ずかしくて顔があげられませんでしたよ

Hクリニック
東京では漢方治療専門ですが
愛知にある本院では西洋医学と東洋医学を合わせた治療を行っています

さてこまちの診察ですが・・・

肌全体が赤みを帯びており
お腹が熱い
いつ皮膚炎を発症してもおかしくない状態である
と言われました。

そう言えば以前、私の母に
「この子随分赤いわね~!」と言われたことがありました
まるに比べて毛量が少ないから・・・と思ってさほど気にしていなかったのですが


そしてしこりですが
お腹に5mm程度と1cm程度縦に2つ並んでありまして
仙台の病院では大きい方が脂肪織炎で小さい方はおへそと伺ってました
ところがH病院では反対に
大きい方は出べそ(臍ヘルニア)で小さい方が脂肪織炎であると言われました

脂肪織炎はぷよぷよしてるものなのに
大きい方はこりこり筋肉質なので脂肪織炎には当たらないとのことです


そして脂肪織炎は免疫疾患の中では
もっとも軽いものだそうです

(→肉芽腫炎→エリトマトーデス→関節リウマチ→ギランバレー症候群と重症になるそうです)

治療法ですが
西洋医学ではステロイドと免疫抑制剤で症状を抑えていくのが一般的
逆に
東洋医学では免疫力を上げて自然治癒力を高め病気を根本的に治療

ステロイドの使用も急性の疾患に対してはとても有効であるが
慢性的な疾患に対しては、依存性を生むものなので使うべきではないと言われました

ステロイドの投与により、
本来自分で作るべき副腎皮質ホルモンを作らない体になってしまい、
よって
ステロイドの投与をやめてしまうとリバウンドで苦しむことになってしまうそうです


我が娘ねえねでステロイドのやっかいさは重々承知しておりますので
先生のお話はすべて納得できるものでした


そして漢方薬を2種処方して頂きました

一つは清熱剤・・・脂肪織炎のほか、上述の皮膚の赤み、肝臓胆嚢に効果あり
二つ目は補陰剤・・・免疫力を上げる効果あり(冬虫夏草などで作られたもの)

こまちAST(GOT)やALT(GPT)も高めなのでこちらの改善も期待できるそうです♪

そしてこの日、実はまる君も受診していただきました

長くなりましたのでそのお話はまたあらためて


最後に
美人薄命っていいますよね

にきびや吹き出物って悪いものを体の外に出すために出るんですって
そんなもの一つない美しい人は悪いものをどんどん身体の中に蓄積させてしまうとか

ギランバレー症候群に苦しんだ大原麗子さん
美しい方でしたね

これも先生がしてくださったお話
なるほどな~って思いませんか?^^

034.gif






[PR]

by 7qtcp837iw | 2015-06-17 22:37 | 病院・お薬 | Trackback | Comments(8)  

長かった1週間・・・

はじめに
e0340050_16020867.jpg
こまちゃん元気です♪
e0340050_16024965.jpg
昨日はグループレッスンでした
小柄なこまちは特別にパピーレッスンに入れてもらいましたよ^^
一番年上だけど一番小さくて
一番・・・ワンコラしてました^_^;

でもね~
前半はとってもお利口さん
先生に
こまち成長したね~~!とお褒め頂きました

後半は・・・
こまちの集中力は30分だね~~
とも言われましたが^_^;


実は
前回の個人レッスンを受けた土曜日の夜
何気なくこまちのお腹をなでなでしていたところ

小指の先ほどのしこりを発見しました
避妊手術のあとのすぐ横です

はっ!と頭にうかんだのは
「あまずのズンズン日記」
みなさんもご存知ですよね

無菌性結節性脂肪織炎
あまずちゃんのチチさんがとても詳しく闘病の記録を残してくださってます


翌日曜日
朝一番でかかりつけの動物病院を受診

細胞診の結果
脂肪細胞に炎症がみられ、脂肪織炎ではないかと診断されました
そして1週間分のステロイドを処方されました


帰ったらすぐに飲ませるように言われたステロイド
1回は飲ませました

でもあまずちゃんのことが頭から離れません

ステロイド治療で再発をくりかえし
副作用に苦しみ
そして踏み切った漢方治療

なかなかに厳しい局面もあったかと思います
でもチチさんとママさまの愛情に支えられて
あまずちゃんは脂肪織炎を見事に乗り越えました

そして今や皆さんご存知のように
ちっち君のお姉ちゃまとして
元気に可愛らしい姿で育児のお手伝いをしています♡

あまずちゃんのチチ様からはこの度
何度も何度も的確なアドバイスと心温まる励ましのメッセージをいただきました

本当に本当に感謝です!
m(__)m


そして我が家も漢方治療に踏み切ることにしたのです

木曜日、パパは休みをとり
東京のH病院へ

・・・

この先のことは長くなりそうなので
またあらためてゆっくりと綴らせて下さいね


そんなこんなでこの1週間何だかと~っても長かったです

一気に年をとってしまったような気分です^_^;











[PR]

by 7qtcp837iw | 2015-06-15 17:51 | 病院・お薬 | Trackback | Comments(4)  

ウイークエンドは忙しい~!

週の半ばを過ぎた今頃
週末の出来事などなど・・・
(備忘記録も兼ねてます)

土曜日
個別しつけ教室の2回目

e0340050_22255161.jpg

会員証を頂きました

この際!と
まるも一緒に年会費をおさめ
フィールドのレギュラー会員になりましたよ^^

こまちさんね~
到着する1キロ以上手前から
運転するパパに向かって
ごにょごにょにゃーにゃー訴え始めました
(ホント猫見たいな声出すんです!)

ちょっとちょっとちょっと~~
こまちゃんいやいやでちゅ~~
こまちゃん帰りまちゅ~~!!
いやいやいや~ん

(まま 訳)


でも先生とのレッスン中は前回よりも集中できるようになりましたよ
前へ前へ出ようとするこまちを
とにかく横につかせて歩く練習
お座りのコマンドも言葉が軽くならないように
2回できちんと出来るようにする練習
おうちの中では出来ることも外に出ると出来なかったりするのよね~


そして日曜日
まるこま揃って病院へ

狂犬病の予防接種とフィラリアの検査
こまちはついでに肝臓の値も見てもらいました
今回は基準値内に戻ってました♪

注射後
腫れたり浮腫んだりの副反応は出ないのですが
こまちは明らかにだるそうです

翌朝も食欲が無く
午前中に嘔吐(胃液だけ)

ヤギミルクをあげても飲まず
りんごのすりおろしも食べず

そうだ!と思い出したのがこちら

e0340050_22255126.jpg

昨年の避妊手術後
歯も沢山抜いたし傷口も痛々しいので
お通じのことも考えて用意しておいたウエットタイプのフードです

こまち大好きなんです^^

様子を見ながら3分の1ずつ与えました

その後は嘔吐することもなく
ゆっくりと寝て起きて
夜にはぐるぐる回転こまちゃんアターックが出るようになったので
もう心配はいらないですね^^

そう言えば
昨年の5種ワクチンの後もこまちは明らかにダルダルでしたね

まるは普段から大人しいから気づきにくいのかな~?

これからも接種後2.3日はしっかりと見てあげなきゃ!
改めてそう思ったママでした

('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)










[PR]

by 7qtcp837iw | 2015-04-08 19:38 | 病院・お薬 | Comments(2)  

うるうるウルソ


e0340050_22253308.jpg

e0340050_22253332.jpg

土曜日はまるこま揃って病院でした

ウルソ
ってご存知ですか?

いわゆる肝臓のお薬です

実はまる君のウルソ歴
かれこれ4年になります


まるが我が家にやってきた日のことは
以前ちらりとご紹介しましたが(→

その時
ペットショップ指定の病院での
健康診断がついていました

一週間後にそちらに伺い
血液検査などなど一通り調べて頂きました
ALP 429(正常値0~142)

若い女医さんは一言
返品した方がいいですね

耳を疑いましたよ!
ひどいですよね~!!

しかも我が家に来た時ちょうど生後3か月を迎えたまる
ワクチンの証明書が3枚ありました
(そのうち2枚はそこの病院のもの)

なのに7種のワクチンを接種するというので
3枚の証明書を見せたところ
そのうちの1枚に×をつけ
無かったことにしましょう

(‾□‾;)!!

さらにひと月後もう一度ワクチンを接種するので来てください!と

5回目のワクチンですよ!!

即 病院変えました

・・・

その後も残念ながらALT(GPT)の値は基準値を大幅に超えていて
ウルソを服用

ウルソさえ飲んでいれば数値は安定します
(数値が下がり服用を見合わせるとまた上昇)


そして
こまちも避妊手術前の血液検査で
ALTとASTが高めでした

小さい頃は一時的に高くなることもあると説明を受け
定期的に検査を受けることになりました



まるもこまちも元気なんですけどね~
こまちなんて元気すぎるほど元気なんですけどね~

フードもおやつも
かなり気を付けているつもりなんですけど・・・

e0340050_22253300.jpg

e0340050_22253405.jpg


帰りの車の中ではお二方とも爆睡

お疲れ様~ヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ

またひと月後頑張ろうね


[PR]

by 7qtcp837iw | 2015-03-23 18:15 | 病院・お薬 | Comments(8)  

頑張ったよね!

本日はこまちの避妊手術のことを・・・

昨年の11月30日
生後まもなく7か月ということで
体重1.9キロ
こまちゃん手術頑張りました!

e0340050_22251285.jpg

歯も4本抜かれまちた

術後3日はキュウ~ンと切ない声で泣いてばかり

e0340050_22251277.jpg




あちらこちらのブログで目にしていた
お花のエリカラ

前もってこまちサイズで作ってもらいましたよ

ほんと優れものでした!!


病院で付けられたプラのエリカラでは
ぶつかったらガンっとなりそうだし

何より
エリカラを苦にすることなく

ぐっすりと眠ることが出来たと思います


12月10日 抜糸
21日トリミング




痛々しいのは3日間だけ
なんと4日目
ケージの前を大好きなまる君が通りかかると
60センチの柵を一っ跳び
(ベッドを踏み台にしましたけどね)


きゃ~~こまちゃん
大人しくして~~


傷口が開きはしないかと
抜糸までドキドキのママでございました


[PR]

by 7qtcp837iw | 2015-01-22 13:41 | 病院・お薬 | Comments(2)